GoogleストリートビューでMEO。その効果は?【前編】

投稿日: カテゴリー: 集客

皆さんこんにちは。

最近Googleの認定パートナーを名乗る企業から「お宅の店舗をGoogleストリートビューに表示しませんか?」という営業が多いです。

Googleストリートビューは皆さんもご存知かと思いますが、最近では道路だけでなく、店舗の中まで見れるのはご存知でしたか?しかしながら対応している店舗はまだ少なく、認知度も低いのが現状のようです。ちなみにストリートビューで店舗内が表示されるようにするには、Googleの認定パートナーに店舗内を撮影してもらい、加えてそのパートナーにストリートビューへの登録申請をしてもらう必要があります。

撮影は有料で、最低で50,000円~の撮影料がかかるようですが、その対価としてGoogleの検索結果画面上部のマップエリアに表示されるチャンスを得られるというのがGoogleの言い分のようです。いわゆるMEOと(Map Engine Optimization)ばれる手法です。

 

 

Googleもこのサービスをより普及させたいらしく、認定パートナーを多く開拓して彼らに店舗営業をしてもらっているようです。その証拠に、最近この手の営業電話が私のスクールにひっきりなしにかかってきます。一度、「このところこの手の営業が多いのですがなぜですか?」と電話口で伺ったところ、「Googleさんが、Googleビジネスに登録していて、かつストリートビュー屋内版をまだ適用していない店舗のリストをパートナーに公開したからだ」との回答でした。

 

集客としてのMEOの有効性

MEO(Map Engine Optimization)は昨今コスパの高い集客施策になっているようですね。その要因はスマートフォンの普及にあるようです。スマホと地図はもともと相性が良いので、スマホ時代においてはマップでの訴求効果高いのも頷けます。MEOについては以下に詳しい説明がありましたので、そちらをご参考ください。

MEOとは

MEO最大の魅力はコスパの高さです。私のスクールでもGoogleマイビジネスの登録は早い段階で行っていましたが、それなりの効果が出ています。以下、Googleマイビジネスの2017年8月のレポートです。

 

上記を見ると、Googleマップ経由で4人が電話をし、20人が経路を調べ、49人がHPにアクセスしたことがわかります。広告費も出さずにこの効果は凄いですよね。

ちなみにGoogleマイビジネスへの登録は無料で、審査の時間だけが少し長くかかります。

Googleマイビジネスについては別の機会に別途投稿しようと思っています。

 

Googleストリートビュー屋内版とMEOの関係

Googleストリートビューの屋内版は日本では2012年に「おみせフォト」というサービスでスタートしたそうです。詳しくは以下のサイトに説明がありました。

【知らなかった!】Googleストリートビュー(屋内版)とは

今回調べてわかりましたが、Googleストリートビュー屋内版はGoogleマイビジネスへの登録が前提であり、Googleマイビジネス → Googleストリートビュー屋内版の順番で申請を行う必要があるようです。また、MEOとは(基本的に)Googleマイビジネスへの登録を行うことを指し、Googleストリートビュー屋内版はそのオプショナルサービスと位置づけられると思われます。Googleマイビジネス登録時は必ず写真を登録しますが、その写真が店舗内の360°のパノラマ画像になるというのがGoogleストリートビュー屋内版のメリットのようです。

※画像は「【知らなかった!】Googleストリートビュー(屋内版)とは」より抜粋

私はGoogleストリートビュー屋内版に登録すると、単純にGoogleマイビジネスに登録している時よりも検索で上位に表示されるかと思ったのですが、どうやらそうではないようです。あくまで店舗内をリッチな写真で紹介できるというオプショナルなサービスに過ぎないと思われます。Googleのパートナーから頂いた営業資料には「Googleストリートビュー屋内版に登録すれば、MEOによって検索順位が向上しますよ」とあるのですが、それはGoogleマイビジネスへの登録によって順位が向上するのであって、Googleストリートビュー屋内版への登録は無関係な気がします。

が、万に一つの可能性もあるので、このあたりは営業をかけてきたGoogleの認定パートナーに聞いてみようと思います。

 

Googleストリートビュー屋内版独自の効果も

じゃあGoogleストリートビュー屋内版は無意味ないのか?というとそうでもないようです。Google自身の調査結果になりますが、Googleストリートビュー屋内版を適用した前後でその店鋪の予約数が2倍になったという報告があります。

Googleストリートビュー(屋内版)を導入するメリットとは?

上記の記事がわかりやすく、かつ読みやすかったので紹介します。これはMEO効果というよりも、通常の写真よりもパノラマビューのほうがより店鋪の中身がわかるため、入店時の不安が少なくなる効果があり、結果として予約増に繋がるようです。確かにパノラマビューはユーザー体験としても効果があるので、この理屈はそこそこ納得です。特に私のスクールのように地下にある店鋪は効果がありそうですね。もちろん写真や動画によって店鋪の雰囲気を見ることはできますが、物珍しさも手伝って、集客効果が高まることが期待できるかもしれません。

過去、サイネージ付きの看板を購入しようか迷っていた時期がありましたが、効果としては同じものが期待できそうです

 

Googleストリートビュー屋内版を試してみよう!

これからGoogleの認定パートナーから話を聞いて、導入を検討してみたいと思います。この続きは別記事にてレポートしますのでご期待ください。